着工から完成まで4ヶ月の超スピード施工のスゴ腕。

楽の湯掘削現場 店舗施設を造る場合、収益につながらない施工期間は極力短くしたいもの。
もちろん建築に妥協や手抜きは許されません。そこで今回は5人もの現場監督を担当に任命しました。ただし施主が自社であったため、短工期に関わらず細かい設計変更は日常茶飯事。監督たちが書き直した施工図を見ながら、「やっぱり前の方がいいから元に戻そう」なんて遠慮のない注文電話を現場にバンバン入れていました。
「ウチは朝令暮改じゃなくて、朝令朝改な会社だから」とは、一番ワガママを言ったかもしれない建設部長のセリフ。
そんなドタバタ劇を4ヶ月間繰り広げたのち、平成15年11月、ついにナカシロ初の温泉施設『こまき楽の湯』は完成したのです。